木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの素材 彫りやすい板と硬い板10種

木彫りの素材 彫りやすい板と硬い板10種
スポンサード リンク




木彫りで使う板の種類

今回は木彫り作品で使う木材をご紹介します。

木彫り用木材

TOPの画像には10種類の板を載せています。(ホウノキとコクタンは同じ木でも部位によって色や性質が違うので、木の種類は8つになります。)

普段からよく使っているものと、あまり使わないけど手元にあった硬い板です。

板の特徴

簡単な板の特徴と、使用した作品です。※私の感想です。

木彫り用木材

シナノキ

 

一番良く使っています。柔らかいので彫りやすいです。

くるみの木

 

ポソポソっとしてます。木目が少し荒く見えますが、彫るには問題ないです。シナノキより硬い。

桂の木

 

赤い板なので、色付けはあんまりしません。

センノキ

木目がハッキリ出ていて綺麗ですが、とっても硬いです。

コクタン

木彫り用木材

黒い部分 色が素敵だなと木の市で購入しましたが、とんでもなく硬く、彫刻刀が痛むレベル。糸のこで切り出しのみの作品用です。

赤い部分 コクタンの黒と色が違うだけで硬い。どちらも重いです。

コクタンの赤でバラのブローチを制作しようと途中まで作業したのですが、硬くて硬くて糸のこの刃は折れるし、彫刻刀はボロボロになるしで、完全に諦めました。文鎮代わりにしかなりそうもありません…。

コクタンのブローチ

イチイ(オンコ)の木

 

赤い板で、桂の木より硬いです。色付けをせずに、主に切り出しのみの作品に使うことが多いです。

イチイのブローチ

ブローチを制作しようと思い、糸のこでカットまでしましたが、永らく放置しているものです。

ホウノキ

ホウノキのブローチ

黒い部分 彫りやすい、キメが細かいので肌触りが良い。ホウノキの白に比べて手に入りづらい。

白い部分 硬く、キメ細かい。

ホワイトオーク

 

木彫りの飾り

女の子の髪の毛とズボン部分に使用しています。木は軽く、木の市で購入しました。普段の木彫作品には使わず、色を活かして組み木に使っています。

番外編 カラマツ

カラマツ

カラマツはTOP画像に載っていませんが、以前たまたま頂いたカラマツの木片が大量にあったので、女の子のベスト部分に使用しました。

木片を組み合わせて制作した作品

まとめ

木彫り用木材

今回ご紹介した板の中で、私が彫るのに適していると思うのはシナノキです。

一番柔らいので、歳を取って体力的に一番彫りやすいと思います。

木材の彫りやすさを比較

木材の彫りやすさ(硬さ)を比較してみました。私の体感なので、実際違っていたらごめんなさい。柔⇢硬

‘木材の彫りやすさ’

シナノキ< 桂の木< ホウノキ黒< くるみの木< ホウノキ白< イチイの木< センノキ<<< コクタン 極硬

※カラマツは彫ったことがないので硬さは、わかりません。

仕上がりが良いのはホウノキです。硬くなければ常用したいのですけどねー。

 

その他の木彫り道具はコチラ→木彫り道具をクリックでご覧いただけます。

100均の木箱(謎の板)を彫ってみた話はコチラ

スポンサード リンク