木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

鬼滅の箸置きを作ってみた【木彫り】

鬼滅の箸置きを作ってみた【木彫り】
スポンサード リンク




鬼滅の刃の羽織柄で箸置きを作る

孫のクリスマスプレゼントに木彫りで箸置きを作りました。
そんな渋い物小学生が喜ぶ???っという感じですが、柄が市松文様麻の葉文様鱗文様…そうアレです。

100均の板で製作開始

100均の木

100均で買った細長い板を使ってみました。
ノコギリで3つ分カットし真ん中に箸を乗せるくぼみを彫り、サンドペーパーを掛けました。

全体に色を付けて沈め彫りにしていきます。
100均の木は天然木となっていましたが何の種類かはわかりません。凄く軽くポソポソっとしていました。

本当は緑、ピンク、黄色がいいのかなと思ったのですが、そんなに鬼滅が好きじゃなかった場合のことを考えていつもと同じにしました。
くるみの皮染料を塗ったのですが、まだらになってしまい色が入りづらかったです。何度か重ね塗りをしました。

100均の木

柄を彫ってみると木の密度がスカスカで彫りづらく、硬いとか柔いじゃなくて…骨粗鬆症っぽい感じ?削れなくていいところまでポロっと取れて麻の葉文様は潰れてしまい、いまいちな出来になってしまいました。

なんかみずぼらしい…これはないな。
100均の木は軽くて安くてDIYやデコレーションには向いているかもしれないけど、細かく彫るのには難しいですね。以前彫った100均の木箱とはまた種類が別の板でした。

シナノキで作り直す

木彫り箸置き

シナノキでまた作りました。慣れている板なので彫りやすいです。
柄もピチッとうまく彫れ、見栄えが全然違います。

100均の板とシナノキを比べる

100均の木とシナノキ
同じ彫刻刀を使っています

となりに並べ比べてみました。画像だとわかりにくいかもしれませんが、シナノキのほうが密度が高いのできれいに彫れています。

鬼滅の箸置き完成

木彫り箸置き

最後にニスをかけ完成です。箸を置くので食品衛生法に適合している水性ウレタンニスを塗りました。

鬼滅の刃箸置き

線だけの麻の葉文様が難しく、市松模様は一番彫るのが楽でした。水性ニスは乾きが早いので製作期間も短めでした。
100均の板はサンドペーパーまではいい感じでしたが彫るには向いてないなと思いました。

クリスマスプレゼントとして近々送ろうと思います。

材木 シナノキ
染料 くるみの皮 水性ウレタンニス
木のサイズ 6×2.3×1.4cm
制作期間 3日間
制作年 2020.11

伊之助のレリーフも作りました。

鬼滅の刃 伊之助レリーフを彫ってみた【木彫り】

rakuma

スポンサード リンク



お気に入り作品