木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの傘立て アカンサス

木彫りの傘立て アカンサス
スポンサード リンク




アカンサス模様の傘立て

糸のこで切り抜く部分が多く時間もかかった作品です。

木彫りの傘立て

糸のこで切り抜き

傘を立てる場所を囲う板3枚の模様の切り抜きと彫りが多様で、とっても大変でした。

切り抜いた場所は全部で80箇所あり、複雑な形だったので板の角度を変え少しづつ糸のこを操作し切り抜きました。

傘立て

手前の3枚の板は、アーム付きの糸のこで切り抜けましたが、傘立ての背の部分の板は85cmと大きすぎ、足踏みの古い糸のこで、やっとの思いで切り抜きました。

30分間の糸のこ作業で切り抜けるのは、せいぜい3箇所だけなので、切り抜き作業だけで、2ヶ月はかかったと思います。(飽きてくるので他の作品を制作して、また戻り、また飽きての繰り返しでした。)

欲張りが仇となる

切り抜きが終わり彫りにかかるのですが、透かし彫りなのでアカンサス模様独特の曲線をどの角度から見ても、違和感ないように、細かくチェックしながら彫りました。

傘立て

手前の3枚は柄が全く同じなので1枚目は難なく彫れたのですが、2,3枚目に入るときにはすっかり飽きてしまい、木がホオノキで硬く、ますますやる気がなくなっていきました。作ると決めたのは自分なのでなんとか頑張って彫っていきましたが、また飽きる→戻る→飽きるの繰り返しになりました。

背の柄は左右対称なので、そこも気をつけながら彫りました。

制作の最初の段階で図案を本に載っていたものより、傘を入れる場所が増えるよう大きくしてしまったので、余計に彫る範囲も増え、自分で自分の首をしめてしまいました。図案を書き写した時はこんなことになるとは思わず、手持ちの板ギリギリまで大きくしてしまいました。

やっと完成

サンドペーパーで丁寧に透かしの部分もかけるので、手間と時間がかかり、爪も削れてしまいました。もちろん飽きて空白の期間があります。

色付けは落ち着いた良い色に仕上がって私としてはいい出来で満足です。

全ての木彫り工程を終え、板の組み立ては傘が入る部分に蝶番を使い8箇所固定し、やっと完成しました。

3年もかけて完成して満足でした。玄関先に置いたのですが、雨の日など傘が濡れた状態で傘立てを使うと、下に水がたまり汚れたり、放って置いてゴワゴワに腐ってしまうのも避けたいので、植木鉢のプラスチックの鉢受けを底に敷いています。

この作品は出来云々というより、根気との戦いでした。こんなに透かし彫りが多い作品は、今後体力的にも精神的にも無理だと思うので、相当気に要らなければ作らないと思います。この作品を作った頃はまだ若かったんでしょうね…。

材木 ホオノキ
染料 くるみの皮 やしゃ玉
木のサイズ 85×22cm
制作期間 3年
制作年 2009.10
スポンサード リンク