木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫り道具 ウッドカラーその他

木彫り道具 ウッドカラーその他
スポンサード リンク




ウッドカラーとトレーシングペーパーと金具

今回は、組み木で使うウッドカラーと、彫る前の製図作業で使っているトレーシングペーパー、出来上がった木彫作品に使う金具などをご紹介します。

ウッドカラー

ウッドカラー

組み木で色を付けるときに使っています。

12色入りですが、自分で色を混ぜて作ることも出来るので、好きな色を作りたい放題です。

水で薄めて使うので、20年以上経っていますが、まだまだ残っています。

一生使えそうです。

トレーシングペーパー

トレーシングペーパー

トレーシングペーパーは、図案から書き写す時に使います。

板に写す時は、カーボン紙を間に挟めて、再度書き写したレーシングペーパーを乗せ、なぞっていきます。

木彫り作品によっては、巨大な物もあるので、トレーシングペーパーはロール式の大きいものを使っています。

木彫作品に使う部品

額縁を壁に留めたり、写真立てや昇り人形に使う部品です。

木のつまみ3種類

木のツマミ

木彫りで制作したキーホルダーのフックや引き出しの取っ手に使っています。

Three small drawers of wood carving02のコピー

トンボ

トンボ

額縁の写真や絵を留める金具です。

トンボ

三角吊カン

三角吊カン

額縁を壁にかける時に使います。

三角吊カン

穴が2箇所あいている三角吊カンは重い作品に使っています。

三角吊カン

スポンサード リンク