木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りのキーフック ブドウ

木彫りのキーフック ブドウ
スポンサード リンク




木彫りのキーフック ブドウ

木彫りで彫るブドウの形が好きで、ブドウをモチーフにした作品が多いのですが、これはかなり前から持っていた図案を元に、4年前に作ったものです。

ブドウのキーフック

ブドウの実は、前だけじゃなく横や上下から見ても違和感なく見えるよう立体的に。

葉っぱは、先が丸まった感じを意識して彫りました。

ブドウのつるは、木に絡まり垂れてねじれている様子を出すために裏からも彫っています。

上部の木には、横に年輪をつけ、幹らしく見せています。

ブドウのキーフック

普段、板の裏側は真っ平らのままにしておくのですが、厚みが2cmあり、材木はシナノキで柔らかく彫りやすかったので裏から見てもブドウの実が見えるように彫りました。そして葉っぱを表現するには厚みがある板だったので、彫刻刀で削ぎ落とし薄くしています。

サンドペーパーをかけ終わってから、ドリルで3箇所に穴をあけ、木製ツマミにボンドを付け、はめ込んでいます。

美味しそうに見せるためブドウの実にだけ、ニスの後にオイルステインのこげ茶を塗っています。

出来上がってから壁にかけるのに、目立たないよう釣り用のテグス(透明)を使用し金具で止めました。

材木 シナノキ
染料 くるみの皮 オイルステイン
木のサイズ 17×30×2cm
制作期間 3ヶ月
制作年 2013.2
スポンサード リンク