木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

きのこの盛り合わせを作ってみた【木彫り】

きのこの盛り合わせを作ってみた【木彫り】

お盆を過ぎると、夜の気温の下がり方に秋を感じます。
何日か前から、テレビでストーブのコマーシャルが流れ始めました。完全に秋です。
今回は、木彫りでキノコを制作し、初秋のきのこ祭りを開催しましたので、ご紹介します。

スポンサード リンク




きのこの盛り合わせを制作【木彫り】

おばあちゃんイラスト

秋っぽい風景にしても良かったのですが、なんとなくキノコにしました。
イメージは山で採ってきたキノコが器に、もりっと入っている感じです。

図案を考える

形はパーツごとに取り外せる組み木パズルにし、キノコに見えるよう彫りを入れていくことに決めました。
選んだキノコはメジャー6種類です。

  • しいたけ  数あるキノコの中でも知名度、人気ともに高い。キノコ界NO.1の存在感。しかし嫌いな人も多く、干し椎茸は特に嫌われている。
  • しめじ  「香り松茸、味しめじ」キノコの中で、香りは松茸が優れていて、味はしめじが優れている。
  • えのき茸  白くて歯にはさまる。
  • エリンギ  ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコの一種、なんかカッコイイ。
  • まいたけ  水に溶け、料理が黒っぽくなる。
  • きのこの山  カカオの香り引き立つコクの有るチョコレート、ミルクでまろやかに仕上げたチョコレート、サクサクとしたクラッカー。

何か物足りなかったので、バランス調整の為に隙間にきのこの山をあしらいました。(ちなみに私は、たけのこ穏健派)

製作開始

以前制作した孫の気を引く仮面ライダー1号を作ってみた【組み木】とだいたい同じ作り方です。

孫の気を引く仮面ライダー1号を作ってみた【組み木】

木彫り きのこ盛り合わせ

図案を板に書き写し、糸のこで切り出します。

木彫り きのこ盛り合わせ
立体感を出すために高さを調節して切り出しました。
木彫り きのこ盛り合わせ
次にキノコを彫っていきます。
木彫り きのこ盛り合わせ
木彫り きのこ盛り合わせ
今回はキノコっぽく見えるように全体に彫刻刀を入れ、特にしいたけの内側とえのき茸にスジをたくさんつけています。
木彫り きのこ盛り合わせ
イメージ通りに彫れたのはしめじで、一番難しかったのはしいたけです。
しいたけのカサの裏のヒダ部分がうまく表現出来なく、苦労しました。

木彫り きのこ盛り合わせ
あらかた彫り終わり、サンドペーパーをかけました。

木彫り きのこ盛り合わせ
その後、彫刻刀で微調整しました。次は色付けです。

色付け

木彫り きのこ盛り合わせ

色で8割決まると考えていたので、本物っぽく見えるように色をつけていきました。
この段階ではまいたけが良い感じに出来ています。

木彫り きのこ盛り合わせ
塗った直後は良い色なのですが、乾くと薄くなるので何度か重ね塗りをしました。

木彫り きのこ盛り合わせ
特にきのこの山はチョコレートを意識して濃いめに色をつけていきました。

木彫り きのこ盛り合わせ
乾いてから全体を見た時に、一番本物っぽいと思ったのがきのこの山でした。

木彫り きのこ盛り合わせ
きのこの山のチョコレート部分としいたけに、普段はほとんど使わない木彫り用オイルを少し塗り、枠も色付けして完成です。

木彫り きのこ盛り合わせ
木彫り用オイルを使用したので、ニスほどテカらずにサラッとした仕上がりになりました。

木彫り道具 塗料はコチラ

木彫り材料 塗料

きのこの盛り合わせ完成【動画あり】

きのこパズルを外していく様子を動画にしました。
《画面上をクリックすると再生します》

きのこの山が思いのほか、それっぽく出来たので動画には本物も紛れさせています。

木彫り きのこ盛り合わせ
持ち運びにとっても不便利!別名:きのこの山ホルダー

調子に乗って、上の画像の中にも本物のきのこの山を入れてみました。

さて、本物のきのこの山はどれでしょう?

正解はコチラです


1番目と4番目でした。

チョコレート部分が、本物はミルクチョコレート色ですが、木製はブラックチョコレートっぽいので、よく見るとバレバレです。
クッキー部分は、木製きのこの山に塗ったとの粉のムラと、本物に付いている焼き目が、結構ソックリになっている気がします。

きのこの山の出来が良い

きのこの山
左側:本物     右側:木製

予想外にきのこの山が本物に似ていたので、今度は逆にきのこの山の中に木製きのこの山を入れてみました。

きのこの山

パッと見わからなくないですか?

きのこの山

これでした。

きのこの山
ばあさんの悪ふざけ

ただそれだけです。

まとめ

木彫り きのこ盛り合わせ
器から飛び出ている きのこの山は本物

途中まではまいたけしめじが良い感じだったのですが、最後に木彫り用オイルを少し塗り、ツヤが出たきのこの山がグンと本物に似てきました。

えのき茸の頭はもう少し小さい方が良かったかも。

完成した作品は、玄関先に飾る予定です。
木彫りのきのこの盛り合わせに本物のきのこの山を仕込んでおき、誰か来た時にパクっと食べて、驚かせようと思います。
とうとう、おかしくなったと思うかな? ヘヘヘッ。

材木 シナノキ
染料 くるみの皮 との粉 アクリル絵の具 木彫り用オイル
木のサイズ  21×31×2.5cm
制作期間 2週間
制作年 2017.8


スポンサード リンク