木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの文箱 どんぐり

木彫りの文箱 どんぐり
スポンサード リンク




どんぐりの文箱

27年位前に無地の文箱を買って、ずっと押入れに眠っていたのを、引っ張り出してきて制作しました。

存在を忘れていた訳ではなく、シックリくる図案に巡り合わなくて頭の片隅で気にかけながら、寝かせていました。

四半世紀の時を経て、やっとこれだ!という図案を見つけ、文箱入れに使おうと制作に取りかかりました。

木彫りの文箱

図案に少しどんぐりと葉っぱを付け足し、実際に落ちているどんぐりと葉っぱを拾ってきて、マジマジ見ながら彫っていきました。

材木はセンノキで、彫刻刀で彫るには硬いので浅めに彫りましたが、いつもより完成に時間がかかりました。

印刀でどんぐりのかさの部分に線をつけて、本物っぽく見えるようにしています。

最後に平刀で背景に細かく地彫りを入れています。範囲が広く細かい作業でしたので、地彫りに時間がかかりました。

木彫りの文箱

どんぐりのかさの部分と葉っぱの真ん中を少し濃い目に色を付け、違いを出しています。

出来上がりは、思い通りの作品になり、とっても満足しています。

材木 センノキ
染料 くるみの皮
木のサイズ 31×24.5×8cm
制作期間 8ヶ月
制作年 2015.7
スポンサード リンク