木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの植木鉢入れ 枯木と蔦

木彫りの植木鉢入れ 枯木と蔦
スポンサード リンク




木彫りの植木鉢入れ

植木鉢入れ

板の厚さが1,8cm位のホオノキで、制作しました。

側面にホオノキ4枚、底はベニア板を使いました。

植木鉢入れ

4本の枝を重ねて、蔦で絡めてあるよう見えないですかね?

実際は一枚の板から彫り出しています。

本物っぽく曲がった枝が重なっているのを表現するために、色々な角度から観察しながら彫っていきました。

蔦が枝に絡まって見えるように進めていくのが難しかったです。

植木鉢入れ

持ち手の所は、わざと穴を開けています。ここも一枚板で作っています。

木の枝が縦に組んでいるように見えるように、年輪を彫っています。

植木鉢入れ

底から見ても蔦が絡まっているように彫りました。

それぞれ色付けも終わってから彫った4枚の板とベニアを組み立てて、ニスがけをして完成しました。

植木鉢入れ

小ぶりな鉢を何個か入れて植物を飾っています。

小物の割には、細かい作業に時間がかかり結構大変でした。

材木 ホオノキ
染料 やしゃ玉 くるみの皮
木のサイズ 13×33×16cm
制作期間 8ヶ月
制作年 2011.5
スポンサード リンク