木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫り クレマチスの脚長花台

木彫り クレマチスの脚長花台
スポンサード リンク




クレマチスの脚長花台

くるみの板の厚みが3cmあり、花台も大きく、素人では切り抜けないものだったので、知り合いの建具屋さんにお願いすることにしました。

天板と脚の切り出しを依頼し、彫り終えてから自分で組み立てられるように、接合部分の金具とセットにしてもらいました。

4本脚だったので、バランス的に自分で組み立てることが出来ました。

3本脚の作品の時は難しいので、建具屋さんに組み立ててもらっています。

木彫りの花台

上の板はクレマチスの浮き彫りで、花の芯を三角刀で線彫し、花弁は柔らかなシワを出すように彫りました。

クレマチスはツル性の植物なので、できるだけ細く張っているツルを表現するように意識しました。

木彫りの花台

下の板はクレマチスの沈め彫りにして彫りました。

沈め彫りが目立つように、色は濃い目で塗りました。

木彫りの花台

脚はカンナでしなやかさを出すために面取りしています。

葉っぱと脚が馴染むよう、唐草模様を彫り入れました。

木彫りの花台

制作してから20年以上経っているので、色が当初より抜けてきています。

材木 くるみ
染料 色粉 こげ茶
木のサイズ 板34×34×3cm 高さ84cm
制作期間 3年
制作年 1996.9
スポンサード リンク