木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫り材料 塗料

木彫り材料 塗料
スポンサード リンク




木彫りの染料とニス

木彫りを彫り終え色を付けるときに使用している染料・目止めのとの粉ニスの一部をご紹介します。

くるみの皮 染料

くるみの皮

これは乾燥したくるみの皮です。朽ちてきてグジュグジュになったくるみの皮を天日で2,3日カラカラになるまで干します。
すっかり乾燥した皮をお鍋で煮出し、出来た液に”との粉”を入れて染料として使っています。
出来上がった染料の色は黒に近い濃いこげ茶です。作品によって色を濃くしたり薄くしたりと、調節しています。

くるみの皮を使用した作品

木彫りの額縁 同じ図案2種

やしゃ玉(矢車の実)染料

やしゃ玉

やしゃ玉は漢方薬で、矢車の実と言う名前もあるようですが、染料としても使われています。形が松ぼっくりっぽいですが、違うものです。

ハンノキの実と本当にそっくりなので、煮出せば同じような色が出るかなと思い、山で拾ってきて試しに煮出してみましたが、全然色が出ませんでした。やっぱり、やしゃ玉とは違うんだなとガッカリしました。

一握りを鍋に入れ、くるみの皮と同じように煮出してとの粉を入れて使います。
出来上がった染料の色は、くるみの皮に比べて薄く、濃いめに入れた紅茶のような色になります。
くるみの皮もやしゃ玉も作品に使う板によって、仕上がりの色が違ってきます。
やしゃ玉を使用した作品

木彫りの額縁 幾何学模様


この他にも、紅茶、コーヒーも染料の一部として使うこともあります。

色粉と墨汁

色粉と墨汁

色粉は昔よく使っていましたが、くるみの皮の方が気に入った色がでるので、最近はくるみの皮ややしゃ玉を使っています。墨汁は色粉を使用した際、もっと濃くしたい場合に1適程入れています。

との粉 目止め

Wood carving tool paint

との粉は”目止め”のための粉なので、塗料の中に入れて使っています。

【目止め】 塗装前の木地(きじ)に砥(と)の粉(こ)や胡粉(ごふん)などをすり込んで目をふさぎ、表面を滑らかにすること。

引用元:コトバンク


ニスと木彫り用オイルとオイルステイン

Wood carving tool paint04

和信の油性ニスをよく使っています。


スプレー式のニスは、木の皮が付いたままの作品用として使っています。
スプレー式のニスを使用した作品

木の皮付き額縁 大 


木彫り用オイルは持っていますが、ほとんど使っていません。

オイルステインはニスに塗料が最初から入っているものです。
オイルステインを使用した作品

木彫りの飾りイス ブドウ

ニスは組み木以外の木彫り作品に使っています。ニス、オイル、オイルステインを使う時はシンナー臭いので、天気のいい日に外で作業するようにしています。ここには載せていませんが、うすめ液もニス作業の時に使います。

水性ウレタンニス

水性ウレタンニス

同じ和信から出ている水性ウレタンニスです。
水性ウレタンニスの説明文には

食品衛生法に適合しているので、菓子皿や箸などの食器にも使用できます。
また、お子様のおもちゃや食卓にもお勧めです。
(完全に乾いていることが条件になります。完成後、7~10日ほど乾燥期間を取ってください)

引用元:和信

とあり、パン皿を制作した時に使ってみました。

トースト専用のパン皿を作る 木のお皿でサクサクを目指す

塗る時に匂いがしてこないし普通のニスに比べて乾くのも早いので、冬場に寒い外でニス塗りをしなくていいのですごく良いです。
ニスのつきはサラッとした感じです。

普通のニスに比べて値段が少しお高めなのと、水性なので色付けしたものに使うと少しにじみます。
用途と季節を考えて使い分けしていきたいと思います。


その他の道具・材料は 木彫り道具・材料 をクリックでご覧いただけます。

スポンサード リンク