木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木の皮付き額縁 大 

木の皮付き額縁  大 
スポンサード リンク




木をくり抜いて作った額

木の市で皮付きの長い板を見つけて、額縁にしようと思い制作しました。

額縁

富良野のニングルテラスに行ったときに、倉本聰さんの筆文字言葉ポストカードを見つけて、心に響いた言葉だったので購入し持っていました。

出来上がった額に何を入れようかと考えたときに、イメージにピッタリと思い、紅葉の葉も添えて飾りました。

この額縁もポストカードもお気に入りの一つです。

最後の仕上げのニスがけは、普段液体のウレタンニスを使うのですが、木の皮がボロボロ取れてくるので、スプレー式のウレタンニスを使用しています。

額縁

裏側はこんな感じになっています。

材木 センノキ(極硬)
染料 との粉のみ 
木のサイズ 26×32×2cm
制作期間 3ヶ月
制作年 2008.7

同じ板で作った小さめの額縁もあるので、そのうちご紹介したいと思います。

木の皮付き額縁 小

スポンサード リンク