木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの手鏡2種と台座

木彫りの手鏡2種と台座

今回は手鏡を2種類ご紹介します。どちらも花のモチーフで似たような柄ですが、塗り方が異なるので大分違って見えます。

スポンサード リンク




アヤメの手鏡

手鏡

木彫りを始めて間もない頃に作ったので、難しかったです。彫り始めてすぐに、難しいのを選んでしまった!最後まで失敗しないでいけるかな?と思いながら制作しました。

特に、花弁の根元を彫り下げたり、花びらやわらかさを出すのが大変でした。

手鏡

持ち手は、握りやすく手に馴染むように彫っていきました。完成してみると、思っていたよりは何となくアヤメに見える出来になり、ホッとしました。

材木 シナノキ
染料 市販の染料 こげ茶の粉
木のサイズ 26×12.5×1.5cm
制作期間 半年
制作年 1994.4

牡丹の手鏡

手鏡

これはカシュー塗料を塗ってから、うち粉をふりかけて作っています。カシューとはカシューナッツの殻から作られているようです。

保存が悪くてカビが生えたわけではありません。


作った頃は、鏡のフチに加工がされず、切りっぱなしの鏡しか無かったので、籐を同じ色に染めて周りに貼り付け、鏡のフチを綺麗に見せています。

材木 くるみの木
染料 カシュー染料 こげ茶の粉 赤の色粉 墨汁
木のサイズ 31×7×2cm
制作期間 8ヶ月
制作年 1996.7

牡丹の手鏡用の台座

手鏡の台座

牡丹の手鏡を飾るために、サイズを合わせて専用の台座を作りました。

材木 ホウノキ
染料 市販の染料 こげ茶の粉を薄めて使用
木のサイズ 13×31×1.5cm
制作期間 1ヶ月
制作年 2002.9 

手鏡

台座に飾って見ると、うち粉の掛かり具合が年代物のようで、価値の高い手鏡かな?と思ってしまいそうですが、残念、ただの手鏡です。

スポンサード リンク