木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの額縁 葉の連続模様 1

木彫りの額縁 葉の連続模様 1

昔、旭川市の優佳良織工芸館で購入したという優佳良織のテーブルセンターをいただきました。

とっても素敵だったので、テーブルセンターとして使うのは勿体無いと思い、サイズをあわせて額縁を制作しました。

スポンサード リンク




アカンサスの葉柄の額縁

額縁の柄は、アカンサスの葉にしました。

気に入っている図案です。

テーブルセンター用の額にサイズを合わせるために、図案を伸ばしたり小さくしたりして、額に合うようにしています。

なんと当時はコピー機を使わずに、手書きで縮小・拡大して書いていました。時間もかかり苦労しました。

アカンサスの額縁

テーブルセンターの糸がピラピラしている端の所も収まっています。

ピラピラの隙間から下の板が見えないように、同系色の布を入れてその上にテーブルセンターを乗せました。

アカンサスの額縁"

平刀で地模様を全体に入れています。

アカンサスの額縁

くるみの板でかなり硬かったので、大変でした。

アカンサスの額縁

このテーブルセンターは流氷をモチーフにして織られてます。

優佳良織工芸館は旭川市にあり、何度か旅行で行ったことがあるのですが、2016年12月から休館しています。

再オープンすることがあれば、また行ってみたい場所です。

材木 くるみの木
染料 くるみの皮
木のサイズ 56×36×2cm
制作期間 1年
制作年 2004.6

今回のアカンサスの葉の連続模様と同じ図案で、大きさや一部図案を変え制作した額縁が6作品くらいあるので、そのうちご紹介したいと思います。

スポンサード リンク