木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫レリーフ ゆりを彫る

木彫レリーフ ゆりを彫る

大きめサイズ(44cm×28cm×3cm)の板にゆりを彫りました

スポンサード リンク




木彫レリーフ製作開始

板に図案を書き写し
木彫り
ドリルと糸鋸盤を使いで印をつけた箇所をくり抜いていきました。

くり抜いた板

木彫りに使っている道具ドリル糸鋸盤

木彫り道具ドリル各種

木彫り道具 糸鋸盤

彫っていきます。
木彫りレリーフ製作中
後半まではいい感じに進んでいました。

木彫レリーフ動画

完成までを動画にしました、途中6:20過ぎに事件が発生します。
《画面上をクリックすると動画が再生します》

木彫り
問題の場面

えのき茸の頭(花芯)がポロッと取れてしまいガックリ!
くっつけたとしても細くて弱い場所なのでまた取れるだろうなと思い、残った部分を花芯ぽく彫り直しました。

かなり大きめサイズだったので彫るのも磨くのも時間がかかりましたが
完成してみると結構いい感じになった気がします。花びらの先っぽがクリンとしているように見えて満足です。

木彫り作品と比べる

木彫りレリーフゆりと薔薇

以前製作した薔薇のレリーフと並べてみました。

挫折した薔薇レリーフを完成させました【木彫り】


薔薇レリーフは桂の板だったので赤っぽいです。
今回のゆりはシナノキで、との粉+ニスで仕上げたので白っぽい自然な木の色になってます。

木彫りで使っている板の種類

木彫り木材 彫りやすい板と硬い板10種

木彫りのユリ
木彫ゆり3作品

これでゆり作品は3つ目なのですが、
1作目:ユリの木彫り鉢カバー

木彫りの鉢カバー ユリ【透かし彫り】


2作目:立体的なユリ

木彫りのユリの花を制作してみた【3D】

比べてみると上手くなってるような気がします。自己満足です。

材木 シナノキ
染料 との粉のみ
木のサイズ 44×28×3cm
制作期間 5ヶ月
制作年 2022.11

rakuma

木製ひまわりブローチ

木彫りのブローチ他
ラクマisagoショップに出品中です。

スポンサード リンク