木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りのレリーフ ポピー

木彫りのレリーフ ポピー
スポンサード リンク




木彫りのレリーフ ポピー

桂の1枚板(48×30×2,5cm)にポピーのレリーフを彫りました。

木彫りのレリーフ ポピー

板に21箇所ドリルで穴を開け、糸のこで切り抜きました。

茎の周りはポキっと折れないように太めに切り抜き、最後に細さを彫刻刀で調整しました。

木彫りのレリーフ ポピー

ポピーの花は3種類あり、横向きと花びらの開き加減を変えて彫っています。

イメージとしては花びらが薄く、くしゃくしゃと重なっているのを表現したつもりです。何度もやり直し、時間がかかりました。

左上の花が一番苦労しました。

木彫りのレリーフ ポピー

蕾は茎との兼ね合いを考えながら、プックリした蕾を彫ったつもりです。

木彫りのレリーフ ポピー

葉は大胆に生き生きとしているように、額から飛び出し気味にしています。

木彫りのレリーフ ポピー

裏側からも茎や蕾を彫っています。

木彫りのレリーフ ポピー

裏からも彫ることで細さを出しました。最後の最後まで茎を限界まで細くしていきました。

木彫りのレリーフ ポピー

桂の板だったので、硬さもあり茎は折れずに出来上がりましたが、シナノキで制作していたらポッキリ折れていたでしょう。

色はやしゃ玉を塗ったので年数が経ち、深みが増して良い色になってきています。今は玄関先に飾っています。

すごく神経を使って彫ったので、昔の作品ですが印象深いです。

材木 桂の木
染料 やしゃ玉
木のサイズ 48×30×2,5cm
制作期間 2年間
制作年 1996.7
スポンサード リンク