木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りのレターラック バラ

木彫りのレターラック バラ
スポンサード リンク




バラのレターラック

バラを彫るのに少し自信がついてきたので、レターラックを制作しました。

バラのレターラック

図案を板に書き写し、ドリルと糸のこで切り抜きました。

バラのレターラック

バラのレターラック

後ろの板から彫り始め、

板の厚さが1,5cmの薄めの板だったので、ベタッとならないように立体感を出して彫っていきました。

バラのレターラック

手前の板も同じように、バラが綺麗に咲いているように気を配りながら、葉っぱと花を彫りました。

バラのレターラック

前後を板を合わせてみて、バランスを見ながらバラの奥行きを調節していきました。

バラのレターラック

カゴの編み目

バラのレターラック

バラの後に、カゴもある程度編んであるように彫り続け、最後に3mmの丸刀で筋を入れて本物のカゴに見えるように彫りました。

バラのレターラック

全て彫り終わり、サンドペーパーをかけました。

やしゃ玉を煮出す

バラの花びらにやしゃ玉を使おうと思い、煮出しました。

バラのレターラック

火にかけた直後は薄い色ですが、弱火でゆっくり煮出していくと、どんどん濃くなってきます。

バラのレターラック

煮出したやしゃ玉の液と、との粉を混ぜて板の全体に2〜3回塗ります。

バラのレターラック

やしゃ玉の液が少し乾いてから、カゴと持ち手にくるみの皮の液を塗りました。

葉っぱはカゴよりも薄く塗りました。

バラのレターラック

全て塗り終えてから、木工用ボンドを着け、レターラックを組み立てました。

裏側から補強のネジを入れ、その上からパテ代わりに木クズをのりで練ったものを埋めて、周りと同じ色を塗りました。

完成

バラのレターラック

ニス掛けを3〜4回程して完成です。

ニスを1回掛け、乾いたらまた掛けなので、お天気の日を選び4日位かかりました。

バラのレターラック

ネジで留めている所も目立たなくなりました。

塗料で濃さを調節してカゴは濃い目、花びらは薄めに仕上がりました。

手前のバラとカゴの編み目が上手く彫れた気がします。

材木 シナノキ
染料 やしゃ玉 くるみの皮 
木のサイズ 30×32×8cm 板の厚み1,5cm
制作期間 1年
制作年 2017.9
スポンサード リンク