木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りバラの丸時計

木彫りバラの丸時計
スポンサード リンク




木彫りのバラ時計

木彫りバラ時計

ホオノキの直径31cm厚さが2.5cmのまん丸の綺麗にカットしてある板をもらいました。

何を彫ろうかと悩んでバラに挑戦してみることにしました。初めてバラレリーフを制作した3年後に完成しました。

木彫りのレリーフ 初めてのバラ

今見ると改善点は多々ありますが、当時の力量にしては頑張って彫れていると思います。

木彫り時計

文字盤は飾画鋲を使っています。当時は文字盤を彫る技量がなく代わりに画鋲を打ちました。
目印として12時 3時 6時 9時の画鋲にマジックで黒く色付けしましたが年数が経っているので、区別がつかなくなっています。

木彫りバラ時計

地彫りは梨地刀を刺して模様をつけました。

木彫りの道具 梨地刀

かなり前に制作したものですが、ホオノキはきめ細かくて仕上がりの見栄えがよく見えます。

色はやしゃ玉を使っています。やしゃ玉液を使うと、べっこう色に年々深みを増してくるので現在も良い感じの色です。

木彫りバラ時計

裏側は時計のムーブメントが出っ張るので、上下に板を打ち付けて直接ムーブメントが壁に当たらない様にしています。

木彫り薔薇

こんなに綺麗なホオノキはもう手に入らないので貴重な作品となりました。現在は時計の電池が切れていますが、そのまま壁に飾っています。

材木 ホオノキ
染料 やしゃ玉
木のサイズ φ31×2.5cm
制作期間 1年半
制作年 1993.9

これまで制作した木彫りの時計

木彫りのバラ時計を完成させました

木彫りの掛け時計

木彫りの掛け時計 フクロウ

スポンサード リンク



どんぐりとハロウィンのいろいろ