木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの鍋敷き 基礎作品

木彫りの鍋敷き 基礎作品
スポンサード リンク




魚の鍋敷き

左の鍋敷きは、31年前に木彫りのサークルに入った時に、2つめの基礎作品として彫ったものです。

当時は彫ることだけでイッパイイッパイだったので、気づきませんでしたが今思うと、タイルが入る部分を作るために、かなり彫り下げたので、彫る練習をするための作品だったのかな?

ヒレの部分は三角刀を初めて使い線をつけたり、目の周りは6mmの丸刀で丸く彫ったことを覚えています。少しずつ色んな彫刻刀を扱って、慣れていきました。

昔はタイルにかわいい柄が付いたものが中々手に入らず、無地のタイルです。木の質と彫りやすさを確認するため、あえて硬いホウノキの板で制作しています。

再度同じ鍋敷きに挑戦

鍋敷き

あまりにも下手くそなので、15年位前に再度作ってみました。その時には可愛いタイルが出ていたので、気に入ったタイルを使うことが出来ました。タイルが可愛いと作品も素敵に見える気がします。

板はシナノキを使ったので彫りやすかったです。色はまだつけていません。

余った板で、小魚も作って家族っぽくしてみました。

小魚はタイルを入れずに、急須を置くつもりで作りました。

材木 左 ホウノキ 右 シナノキ 
染料 色粉
木のサイズ 18×23×1.5cm  10.5×13.5×1.5cm(子)
制作期間 2ヶ月 
制作年 30年位前 15年位前
スポンサード リンク