木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫り 幾何学模様の鍋敷き

木彫り 幾何学模様の鍋敷き

100均の小箱を彫った時に作った図案を使って、鍋敷きを制作しました。

スポンサード リンク




幾何学模様の鍋敷き

クラフト用でも何でもない、ただの100均の木の小箱を彫ってみたのですが、案の定 でしょうね。という出来上がりになりました。

100均の小箱を彫った作品はコチラ

板はボソボソしており、途中黄色や青の部分も出てくるしで良い出来ではなかったのですが、その時の図案は気に入ったのでシナノキを使って鍋敷きを制作しました。

木彫りの鍋敷き

図案を書き写し彫っていきました。

平刀と三角刀と印刀を使いました。線だけなので楽でした。

木彫りの鍋敷き
ニスの前

完成

木彫りの鍋敷き

出来上がってみると100均の小箱と同じ図案ですが、模様もくっきり出ていて綺麗に仕上がりました。

裏側

木彫りの鍋敷き

裏側は前もって彫っていました。今までにも何度か彫っている図案です。

木彫りの鍋敷き
との粉を塗っているところ

何の模様なのかよくわかりませんが、気に入っています。玉ねぎが4つくっついているようにも見えます。

木彫りの鍋敷き
たまねぎの外側だけ色を付けました

 

材木 シナノキ
染料 くるみの皮
木のサイズ 直径18×厚さ1.5cm
制作期間 片面2週間
制作年 2018.3
スポンサード リンク