木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

六花亭 北加伊道(ほっかいどう)を食べる

六花亭 北加伊道(ほっかいどう)を食べる
スポンサード リンク




六花亭 北海道命名百五十年記念菓 北加伊道

六花亭で3月1日に発売になった北加伊道を買ってきました。

蝦夷地も北加伊道も北海道

六花亭 北加伊道

今月六花亭から発売になった北加伊道、あんこをパイで包んだお菓子です。

最初きたかいどう?と読むのかと思ったのですが、ほっかいどうと読むみたいです。えっ北海道?

明治2年、松浦武四郎が北加伊道という名前を提案し、加伊を海に政府が改て北海道になったようです。

蝦夷は有名で、よく使われていますが(RISING SUN ROCK FESTIVAL 20XX in EZOやツルハのエゾエースなど)蝦夷地と北海道の間に北加伊道もあったのですね。

今年は北海道命名150年ということで、北海道命名百五十年記念菓として発売されました。

北加伊道とノースマン

ノースマン

“あんこをパイで包んだお菓子”で頭をよぎったのは、千秋庵のノースマンです。

同じ千秋庵のお菓子はコチラ

山おやじのおきみやげが気になる

北加伊道を購入したのはデパ地下の六花亭でしたので、近くの千秋庵の店舗に行きノースマンも買ってきました。ノースマン食べるの久々です。

いっただきまーす

六花亭 北加伊道
六花亭 北加伊道

北加伊道(税込120円)は小ぶりで粒あんが入っていました。甘さ控えめであっさりしていました。

北加伊道の賞味期限(日持ち)は9〜10日間ということです。

ノースマン
千秋庵 ノースマン

ノースマン(税込162円)はこしあんで、サイズも大きく食べごたえがありました。

結局どちらもすごく美味しかったです。

六花亭 北加伊道とノースマン
粒あん好きは北加伊道、こしあん好きはノースマンがオススメ

ノースマンは熱いほうじ茶、北加伊道にはコーヒーが合いそう、そんな感じです。

六花亭 北加伊道とノースマン

道外の人は、北海道土産に北加伊道を買っていって、これでほっかいどうって呼ぶんだってーと話してみたり、

道民は北加伊道とノースマンを食べ比べして「粒あん好きだから北加伊道!」「こしあん好きだからノースマンが好きー」と盛り上がれるのではないでしょうか。

カルビーより北海道限定で発売された北加伊道ポテトチップス山わさび味を食べた感想はコチラ

カルビー 北加伊道(ほっかいどう)ポテトチップス山わさび味を食べる

スポンサード リンク