木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

デンプンせんべいを食べる【昭和のお菓子】

デンプンせんべいを食べる【昭和のお菓子】
スポンサード リンク




昭和のお菓子 デンプンせんべいを見つけた

スーパーに行った時に、せんべいの棚でデンプンせんべいが普通に売っていました。
南部せんべいは、よく見かけるので気にしてなかったのですが、デンプンせんべいが奇跡的に目に止まり、わっ懐かし!何十年も食べてないなと思い、購入してきました。
今まで周りに陳列されているせんべいに馴染みすぎていて、全く気付いていませんでした。

デンプンせんべい

デンプンせんべいって何で出来ているのが確かめたことも気になったこともなかったので、改めてパッケージを良く読むと、原材料はじゃがいもになっていました。
そうなんだ…。そして北海道限定だったみたいです。
昭和の食べ物のイメージはありましたけど、地域限定だったとは。

今回売っていたのは網走市で製造されているもので、赤と白があり、白はかる〜い塩味、赤はかる〜い甘味です。
その他に長万部町・倶知安町のお店や、根室に本店があるオランダせんべいで有名な端谷菓子店にもあるようです。
もっと全道各地にあるのかもしれませんね。

南部せんべい

南部せんべいも買ってきました。
せんべいのみみ付きです。うっひょー!みみ最高

南部せんべい

せんべいに付いている平ぺったいみみの更に外側のみみがいっぱい付いていたので、嬉しくなって買ってしまいました。

南部せんべい

南部せんべい本体よりもみみが好きです。一番好きなのはみみだけ入った、南部せんべいのみみ(かため)です。

いっただきまーす

昭和のお菓子
後ろが白、手前が赤

デンプンせんべいは素朴な味がしました。昔を思い出して懐かしい気分になりました。
他に似た味も思いつかないのですが、やさしい味です。
やさしさ度合いで言うと、赤ちゃんせんべい並みのやさしさです。

久々に食べると美味しいですね!私は白の方が好きです。

まとめ

デンプンせんべい

四半世紀振りに食べたでんぷんせんべいは、懐かしさとやさしさのでした。
デンプンせんべいをそのまま食べた後は、せんべいで水あめを挟み、味変も楽しみました。

昭和のお菓子本を本棚から見つけました

昭和のお菓子レシピ本がおもしろい

スポンサード リンク



お気に入り作品