木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの菓子器 葉っぱ模様

木彫りの菓子器 葉っぱ模様
スポンサード リンク




木彫りのお菓子入れ

木彫りの菓子器

昔に買ってあったクラフト用の菓子器が押し入れから出てきたので彫ることにしました。いつか彫りましょうと思っていたのですが、年月が過ぎて何十年もしまい込んでいました。

木彫りの菓子器

葉っぱを紙に書き出して、実際に乗せて葉の重なり具合と間隔を試行錯誤しながら位置を決めました。

木彫りの菓子器

えんぴつで葉の外側をなぞり、木に直接書きました。
側面は2枚の葉を重ね、一定の間隔をあけて6箇所配位しました。

木彫りの菓子器

色付けする前に、三角刀で葉の外側を軽く彫り(左上)印をつけました。その後全体に色を付けて沈めぼりで彫っていきました。

木彫りの菓子器

彫り終わってからニスがけしました。食品を入れるので水性ウレタンニスを使いました。

木彫り材料 塗料

全体的に丸みを帯びているので彫りづらく、特に側面は固定するのに手間取りました。

木彫りの菓子器とチョコレート

特に入れるものがなかったので、カカオ72%のチョコレートを入れてみました。甘さ抑えめで好きです。

材木 シナノキ
染料 くるみの皮
木のサイズ φ19×7cm
制作期間 1ヶ月
制作年 2020.5
スポンサード リンク