木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの菓子器 ガクアジサイ

木彫りの菓子器 ガクアジサイ

6月に入り、アジサイが綺麗に咲き出す季節になりました。

北海道では開花が少し遅く、アジサイの例年の開花時期は7月、道東では8月に開花になります。

身近で咲いているアジサイを見るのは、まだまだ先になりますが、今回はアジサイモチーフの木彫り作品をご紹介致します。

スポンサード リンク




ガクアジサイの菓子器

普通のアジサイは彫ったことがあったのでですが、ガクアジサイの作品は制作したことが無かったので、挑戦してみることにしました。

ガクアジサイ
青いガクアジサイ

一般に花といわれている部分は装飾花で、中央にある極小の多数の両性花には、退化した雄蕊10本と雌蕊3〜4本がある、花びらに見えるものは萼(がく)である。

引用元:Wikipedia

 

調べるまで、ずっとアジサイの花びらだと思っていたところは萼と知り、驚いてしまったのですが、いざ彫る段階になって、ガクアジサイの本当の花びらの部分(つぶつぶの所)が細かく、力が入りすぎて彫刻刀で余計に削りすぎポロンと取れてしまい、ごまかすために更に深く彫るなど、意外な苦労が待っていました。

彫り方は沈め彫りです。

花びらに見える部分(萼)が重なりあって咲いているように見せるため、彫り方を工夫しました。

お盆は購入したものでしたが、細かい彫り作業に時間がかかり、8ヶ月も掛かってしまいました。

急須や湯のみを運ぶお盆にいいなと思い購入したのですが、思っていたよりサイズが小さく、結局菓子器として利用しています。

材木 シナノキ
染料 くるみの皮
木のサイズ 直径21cm
制作期間 8ヶ月
制作年 2015.7
スポンサード リンク