木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの写真立て 白鳥

木彫りの写真立て 白鳥
スポンサード リンク




白鳥と小花の写真立て

本に載っていた白鳥がかわいかったので、サイズをポストカードが入るように調節して制作してみました。
木彫フォトフレーム
白鳥がポストカードの中のチューリップをやさしく眺めているように見せるため、フレームの中に首を少しかぶらせて、くちばしも飛び出るように彫りました。
羽は3mmの丸刀でスジを付け、重なり合った羽を表現しています。

木彫フォトフレーム
羽の大きさも部位によって大小の違いを出し、小花は花芯がポロンと取れないよう気をつけて彫りました。
フレームのふちは、本では線のみだったのですが、かわいらしく見せるために丸刀で上下に飾り彫りを入れています。
土台部分はレンガに見せています。
木彫フォトフレーム
裏側は、白鳥の首の部分だけに、細さを出すため裏からも削っています。
多分、裏から彫りを入れなかったら北斗の拳のケンシロウのような首になっていたと思います。
最後に写真が入る部分にあわせ、別のベニア板を切り抜きトンボ(留め具)を小さいネジで留めてピッタリ合うようにして出来上がりです。
木彫フォトフレーム

全体的に思い通りに出来たので満足です。
白鳥の可愛さがうまく出ている気がします。

一番難しかったのは首の部分です。厚みのある板だったのでなるべく削り細く見せたいのですが、やり過ぎると首が折れてしまうので兼ね合いが大変でした。
反省点は小花も余分な厚みを削り取り、軽い感じを出したほうが良かったかなと思いました。

材木 シナノキ
染料 やしゃ玉
木のサイズ19×31×2cm
制作期間 4ヶ月
制作年 2011.3
スポンサード リンク



お気に入り作品