木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの額縁 シナノキの幾何学模様

木彫りの額縁 シナノキの幾何学模様
スポンサード リンク




木彫りの額縁 幾何学模様(中)

羊毛の織物を頂いたので、あうように額を制作しました。

同じ柄の額縁が全部で3つあります。

木彫りの額縁 幾何学模様

スッキリと見せるために幾何学模様に決めました。

織物にあわせて額の図案の模様を調整しています。

大きさは桂の木で製作した幾何学模様の額縁より小さめです。

桂の木で制作した幾何学模様の額はコチラ

木彫りの額縁 幾何学模様

木彫りの額縁 幾何学模様

板に直接図案を書き込み、三角刀と平刀を使い模様を彫っていきました。

シナノキなので柔らかく捗りました。

木彫りの額縁 幾何学模様

夕暮れ時の織物が引き立つ額に仕上がってよかったと思っています。

材木 シナノキ
染料 くるみの皮
木のサイズ 32×26.5×1.5cm
制作期間 7ヶ月
制作年 2002.6
スポンサード リンク