木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りの壁掛け鏡 バラ

木彫りの壁掛け鏡 バラ
スポンサード リンク




バラの鏡

板の厚さが2,5cmあり、ボリュームがあるように彫りあがるまで試行錯誤しました。

大きいサイズ(74×40cm)の鏡なので、完成までに3年もかかりました。

バラの鏡

バラの葉っぱとリボンから彫り始めました。

バラの鏡"

バラは後のせサクサク作戦にして一輪ずつ制作し、高さと向きとバランスを調節しながら彫りました。

バラの後のせはコチラと同じ方法です

全部で10輪のバラとつぼみ2個を彫ったのですが、それだけで1年以上かかりました。

いつものように、途中挫折した期間もあります…。

バラの鏡

10輪のバラの花びら一枚一枚の向きがそれぞれ違うので、それを考えながら彫るのが大変でした。

バラの鏡

側面のつぼみの下の茎が細く、ポキっとと折れてしまわないかヒヤヒヤしながら彫りました。

バラの鏡

全部彫り上がり色付けを終えてから、バラの位置を微調整し、裏からボンドと木ネジで留め、鏡をはめ込み完成しました。

完成して改めて見た時に、深く立体的に彫れ、花びらがイキイキと見え大満足でした。

材木 シナノキ
染料 くるみの皮
木のサイズ 74×40×2.5cm
制作期間 3年
制作年 2011.9
スポンサード リンク