木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

カリタ ダイヤミルを分解掃除しました

カリタ ダイヤミルを分解掃除しました

唐突ですが、コーヒーを飲むのが好きです。

しかしインスタントコーヒーとお店で出てくるコーヒーの区別がついても、豆の違いはさっぱりで、せいぜい酸っぱい苦い、良い香りということしかわかりません。

スポンサード リンク




カリタ ダイヤミル

味の違いもイマイチわからない私ですが、何故か我が家にカリタ ダイヤミルがあります。

カリタ ダイヤミル

買ったばかりのコーヒー豆をミルでゴリゴリ挽くと、部屋中にコーヒーのいい香りが広がります。

縦にハンドルを回すので、商店街の福引きみたいと、家に来た子供に大人気です。ここぞとばかりにコーヒー豆を挽いてもらい、楽してコーヒーを飲んでいます。

特にこだわりは無いので、ダイヤミルが面倒な時は、スティックコーヒーを飲んだりしています。最近では、カフェラトリー濃厚クリーミーカプチーノが気に入ってます。まだこれを越えるスティックコーヒーには出会っていません。

ダイヤミルをお掃除

ダイヤミル

今回は中に溜まっているコーヒー豆のカスを取り除いていきます。

1年位前に掃除をしたのですが、すっかり部品を外す順番も組み立てる順番も忘れてしまったので、今回はメモ代わりにブログに載せ、次回見ながら掃除をしようという魂胆です。

用意したもの

  • ダイヤミル本体
  • プラスドライバー
  • ブラシ
  • 古新聞
  • キッチンペーパー

ダイヤミルの解体

コーヒー豆のカスが飛び散るので、古新聞を敷いて作業開始です。

カリタ ダイヤミル

ハンドルを外します。

Disassembly cleaning of carita diamil04

反対側の調節つまみを外し、部品とバネを取り出します。

カリタ ダイヤミル

ドライバーで蓋を外していきます。

カリタ ダイヤミル

外すとコーヒー豆のカスが思っていたよりビッチリと付いてました。

カリタ ダイヤミル

部品を全部外して新聞紙の上に置きました。

カリタ ダイヤミル

結構凄い。けどコーヒー豆なので嫌な感じではありません。

カリタ ダイヤミル

コーヒー豆のカスを落とし綺麗にしました。水拭きは乾くまで時間がかかるので、ブラシを使いカスを落としてキッチンペーパーで乾拭きしています。

カリタ ダイヤミル

こんなに…。取れました。

ダイヤミルの組み立て

ある意味ここからが本番です。

カリタ ダイヤミル

片方の蓋をネジでとめてから、まず薄い刃を入れ

カリタ ダイヤミル

次に厚い刃

カリタ ダイヤミル

Disassembly cleaning of carita diamil21

次も厚い刃

Disassembly cleaning of carita diamil22

最後に薄い刃を入れ、シャフト(ぼっこ)を上手くハマるようにグリグリ入れていきます。

カリタ ダイヤミル

左のつまみ側に部品とネジを入れ、右側にハンドルをネジで固定します。これで完成!!

のはずでしたが、最初シャフトを逆に入れ、ハンドルとつまみが逆になってしまい、慌ててやり直しました。気をつけないといけませんね。

カリタ ダイヤミル

掃除が終わり、コーヒー豆を挽いてコーヒーを入れてみました。味の変化は全くわかりませんでした。やっぱりね。

掃除前後で、味の違いはわかりませんでしたが、分解して、また元通りに組み立て出来たので満足です。

スポンサード リンク