木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

組み木のひな祭り 手作り 五段飾り

組み木のひな祭り 手作り 五段飾り

前回は2人タイプのひな人形こちらをご紹介しました。

今回は五段飾り用に作ったひな人形の組み木をご紹介します。

スポンサード リンク




五段飾りのお雛様

今までは、単品のお雛様に挑戦してきましたが、段飾りのひな人形も制作してみたいと思い取りかかりました。こちらも小黒三郎さんの本を見て制作しています。

ひな人形

糸のこの扱いに慣れてきたのか、全体的に綺麗に仕上がっていると思います。

組み木なのでパーツが多く、整理して保管しないと訳がわからなくなり大変でした。

三人官女の持ち物はそれぞれ異なり、それも図案に描かれていてすごいなと思いました。

組み木のひな人形

五人囃子は同じ形ですが、切り抜く時に誤差が出てしまい、組み合わせる時にバラバラだと合わせられなくなってしまうので、1体1体別にしてサンドペーパーを掛けました。

ひな人形

橘とカゴは小さいのですが、上手く切れました。

ひな人形

車輪は随分イビツで、回りそうにもありませんね。

多分、五段飾りのお雛様に取り掛かる時、最初に車輪から切り始めたのではないかと思います。

組み木のひな人形

完成して飾り終え、全体を見た時は、うれしくなってしまいました。

離れて見ると、素敵な仕上がりになっていると思います。離れてみると…。

木はシンプルに、色なしにしています。完全に私の好みです。

下の赤いもうせんは、普通の赤い布にしようかと手芸屋さんへ探しに行った時、大判のフェルトを発見し、フェルトの方が感じが出ていたのでこちらを使用しています。

ひな壇

ひな壇

ひな人形を飾る壇の部品は、ホームセンターで丸棒の大小を購入。あ、ホームセンターのシールがそのまま付いていますね。

ひな壇

家にあったそうめんの空箱がサイズ的にピッタリだったので、板をカットして、丸棒と組み合わせて使っています。

組み木のひな人形

垂れ幕は、あちこちの手芸店でそれらしい生地を探し歩いて、やっとイメージに合う布を見つけました。実際組み合わせてみると思った以上に雰囲気が出て気に入ってます。

3月3日が過ぎ、お雛様を片付ける時はバラバラにならないようにラップに包み、保存しています。

今回ご紹介したお雛様は何十年も経っていますが、遊プランのサイトを見ると、納期が1年以上で、色鮮やかな可愛いらしいひな人形がいっぱい載っていますね。収納も1つの曲げわっぱの中にピッタリ収まるようになっていて凄いです。

サイトを見ているだけで、時間が経つのを忘れて魅入ってしまいます。

昔ながらの段飾りのお雛様も良いのですが、比べると組み木のひな人形はコンパクトなので、飾る場所の選択肢も増え、片付けも楽で普段収納して置くスペースも小さくて済み手軽に楽しめます。組み木で出来ているので、小さいお子さんがいる方は、おもちゃとしてパズル感覚で遊べディスプレイも楽しめると思います。

組み木のひな人形をディスプレイした様子はこちら

前回と今回でお雛様をご紹介してきましたが、五段飾りの組み木の方がひな人形が小さく、制作するのにもサンドペーパーをかけるのにも苦労しました。でも、またかわいい図案を見つけたらお雛様を増やしてしまうかもしれません。

材木 シナノキ
染料 なし
サイズ 38×40cm 男雛7×6×1.8cm 女雛7×6×1.8cm
制作期間 2ヶ月
制作年 21年位前
遊プラン ホームページ

2018年に制作した組み木のひな人形はコチラ

スポンサード リンク