木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

六花亭 万作(まんさく)を食べる

六花亭 万作(まんさく)を食べる
スポンサード リンク




六花亭 万作を食べるレモンパウンドケーキ

六花亭の万作(まんさく)というお菓子を食べました。
六花亭の説明によると

万作や どこから鍬を おろそうか 勉三

明治16年、十勝開拓の祖・晩成社の人々は、福寿草を「万作(まんさく)」と呼び親しみました。春一番に早く咲く「まず咲く」がなまったものです。

レモンの皮と果汁をつかった口どけの良いパウンドケーキです。

引用元:六花亭

となっていました。昔は同じ名前で違ったお菓子だったようですが、レモンのパウンドケーキになり2020年に復活しました。

六花亭万作

開くと上に乗っている砂糖?が袋にべったりとついてしまっていて、そこだけペロッと食べてみるとレモン味の砂糖でした。

なので万作本体の見た目がアレです。

いっただきまーす

六花亭万作

スポンジケーキ自体にもレモン風味があり爽やかな気分になります。とっても洋風です。でも名前は万作。

六花亭詰め合わせに入っている人気のお菓子が若者の素早い動きによって奪われていっても『フォッフォッフォ。見た目が渋くて選ばなかったようだがチョコマロン・大平原・百歳。実は洋菓子で、穴場的な美味しいさなのじゃ。では私が戴こう』と大人の余裕を見せつけながら優雅に食べれるお菓子の仲間入り決定です。

六花亭 チョコマロンを食べる

六花亭 百歳(ももとせ)を食べる

六花亭の水羊羹 水ごよみを食べた話

六花亭 水ごよみを食べる【水ようかん】

六花亭札幌本店と六花亭札幌北店の行き方

六花亭札幌本店 なるべく外を通らない行き方

六花亭マンションに住みたい!!六花亭札幌北店新店舗オープン

スポンサード リンク



ブドウのいろいろ