木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木の皮付きフォトフレーム くるみの木 

木の皮付きフォトフレーム くるみの木 
スポンサード リンク




くるみの木の皮付きフォトフレーム

木の皮付きフォトフレーム

皮付くるみの木の端っこを貰ったので、皮を活かしてフォトフレームを制作しました。

以前ブログに載せたセンノキの額と同じ作り方です。

センノキの額はコチラ

木の皮付き額縁 大 

木の皮付き額縁 小

木の皮付きフォトフレーム

厚みがあり、縦に置いても安定性があったので、支え棒なしでそのまま飾っています。

皮付きの板は、普通にニスを塗るとボロボロ皮が取れてしまうので、スプレー式のウレタンニスをかけています。

木の皮付きフォトフレーム

亀裂の入っている板でしたが加工せずにそのままにしてあります。

自然な感じが出ていて良いと思います。

手前の松ぼっくりみたいなものは、シダーローズというヒマラヤスギの実です。

以前お友だちからいただいたのを思い出し、一緒に飾ってみました。

木の皮付きフォトフレーム

後ろ側も真ん中に傷が入っていますが、埋めずにそのままにしました。

木の皮付きフォトフレーム
ポストカード:身を寄せ合い親が運ぶ餌を待つエゾフクロウの4兄弟

センノキの皮付き板と違い、くるみの木はそんなに硬くないので彫刻刀も扱いやすかったです。

皮付きの額だったので、中にエゾフクロウのポストカードを入れました。

自然の森にいるような感じが出せたのではないかと思います。

眺めていると気持ちが落ち着き、やすらぎます。

材木 くるみの木
染料 との粉のみ
木のサイズ 19×23×3cm
制作期間 1ヶ月
制作年 2008.7
スポンサード リンク