木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りのティッシュケースカバー バラ

木彫りのティッシュケースカバー バラ
スポンサード リンク




木彫りのティッシュケースカバー バラ

難しい難しいと言っているバラです。

木彫りのティッシュケースカバー バラ

当時、通っていたサークルの先生の作品を貸りて参考にしながら彫りました。

板の厚さが8mmしかなく、深く彫ると穴が空きそうで神経を使いました。

木彫りのティッシュケースカバー バラ

側面の図案が左右違い、バラの花の表情がそれぞれ違うので、花びらと葉っぱを表現するのが難しかったです。

木彫りのティッシュケースカバー バラ

蕾も合わせて全部で9輪のバラを彫りました。

木彫りのティッシュケースカバー バラ

蕾のバラと咲きかけのバラの図案は、どの様に彫って良いのかわからず、見本を見くらべながら時間をかけて進めました。

木彫りのティッシュケースカバー バラ

底は引き戸になっています。

今、改めて見ると葉脈の彫り方など、未熟でアララララという感じです。

やっぱりバラは難しい!

材木 くるみの木
染料 くるみの皮
木のサイズ 29×14×11cm
制作期間 8ヶ月
制作年 1993.7
スポンサード リンク



お気に入り作品