木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

木彫りのポワソンダブリル

木彫りのポワソンダブリル
スポンサード リンク




ポワソン・ダブリルを作る

ポワソン・ダブリルって知ってますか?私は知りませんでした。

イースター・ハロウィン・ブラックフライデーなど、日本でもどんどん増える年中行事の一つで、フランスのエープリールフールのことなんですって。

ポワソン・ダブリル(Poisson d’Avril)はフランス語で4月の魚と言う意味。

そしてフランスでポワソン・ダブリルの時に魚の形のパイやケーキ、チョコレートを食べるようで、日本でもエープリールフール向けに魚の形のおいしそうなスイーツがケーキ屋さんで出回っているようです。

「ポワソンダブリル」で画像検索すると美味しそうなパイがいっぱい出てきます。

ここまでは、ふーん。あ、そう。っという感じだったのですがポワソンダブリルとやらの魚のパイの写真を見た時に、
待てよ。この形..なんだか…見覚えが..?となりました。

カレイの小皿登場

あ、カレイの小皿!

カレイの小皿

木彫りの小皿 魚カレイ

何十年も前に制作してすっかり忘れていたあの小皿。

活用しようと何度か、お菓子などを乗せてブログに登場させて見たのですが…

木彫りの小皿

魚の顔のインパクトが強すぎ、どうしても魚に目が行ってしまうので、使うのをやめようかなと思っていました。

…カレイの小皿にイチゴを乗せれば、ポワソン・ダブリルっぽくなるんじゃない?

とうとう日の目を見る時が来たようです。

ポワソンダブリル(木彫り)

イチゴ
どう見てもポワソンダブリル

やってみました。
と言っても切ったイチゴと、目玉部分にチョコレートを乗せただけです。

イチゴ
おフランスの薫りがするー

しかし!ポワソン・ダブリルの存在を知った今、もうフランスのオシャレなスイーツにしか見えません。

カレイの小皿の使いみちが出来て良かったです。

いっただきまーす

ポワソンダブリル
イチゴの下からカスタードクリームもパイも現れません→ただの皿だから

イチゴです。普通のイチゴの味です。カロリー控えめです。

これからは誰か来た時に、ポワソン・ダブリルだと言い張って、イチゴを乗せて使っていこうと思います。

スポンサード リンク



端午の節句