木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ をDIY

口腔洗浄器   ジェットウォッシャー ドルツ をDIY

昨年、歯茎が腫れまして歯医者さんに行ってきました。2回ほど通い、ついでに虫歯も治し歯茎も処置してもらい元通りになったのですが、歯茎が弱ってきてるんでしょうかね。何か対策せねばと引っかかっておりました。

スポンサード リンク




ジェットウォッシャー ドルツ 青 EW-DJ51-A

これは電動歯ブラシが必要か?と思ったのですが、普段からブラシは、やわらかめ派なので歯磨きは手にまかせて、水圧で汚れを落とすという歯茎に刺激の少なそうなジェットウォッシャーを購入してみることにしました。

ドルツのジェットウォッシャーが良さそうだったので、こちらに決めました。次にタンクの大きい置き型か防水の携帯型かで悩み色々口コミやブログを見ていると、携帯型のタンクを外しペットボトルで代用して、タンクの容量を増やしている人がいたので、真似してみることにしました。

だいたい自分で組み立てる家具や、良かれと思ってやる改造は失敗するのですが、珍しくすんなり出来てうれしくなったので、書いておきます。

準備したもの

  • ジェットウォッシャー
  • パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 青 EW-DJ51-A

  • シリコンチューブ 3mm×5mm×1m
  • 近くのホームセンターで購入、1m単位だったので1mを購入

    本体をAmazonで買うなら、”よく一緒に購入されている商品”にシリコンチューブが出てきますので、一緒に注文すると楽です。

  • 空のペットボトル500ml 
  • お茶のペットボトルを飲んだ後、洗ってとっておきました。

  • ダイソーのペットボトルキャップ くまさん
  • キャップはなくてもいいかもしれません。

改造に挑戦

難しかなと思っていましたが、チューブの差し替えだけで簡単に出来ました。

※メーカー推奨ではないので、自己責任でお願いします。

ジェットウォッシャー

箱から取り出すとタンクは↑上の状態です。

ジェットウォッシャー

タンクとフィルター付チューブを外し、シリコンチューブをはめる。

ジェットウォッシャー

チューブをグイグイ押し込んで、ピタッとはめます。

ジェットウォッシャー

使う時は、ペットボトルにぬるま湯を入れ、チューブを通したキャップを締めて準備万端です。

ジェットウォッシャー ドルツを使った感想

3段階で強さを調整できるようになっていて、初めはソフト、今は慣れてきたのでノーマルで丁度いいです。その上にバブルがありますが未経験の世界です。歯を磨いた後に使っています。

使っていると歯茎がマッサージされて気持ちがいいし、磨ききれなかった汚れが出てきたりします。ごっそり汚れがとれた等の口コミを見ましたが、そこまで劇的なことは起こりませんでした。

水は500mmペットボトルで丁度使い切るくらいなので、こちらにしてよかったと思っています。水を使うと歯にしみるので、ぬるま湯を使っています。

なにより備え付けのタンクだと、取り外して水洗いしないといけませんが、ペットボトルなら替えがすぐきくので楽ちんです。

タンクを取り外して、ちゃんと充電できるかなと思ったのですが大丈夫でした。

シリコンチューブも長かったら切ろうと思っていましたが、1mのまま使っています。

スポンサード リンク