木を彫る日々

木彫り作品・北海道の日常を綴るブログ

雪見だいふく 黄金のみたらし 厚もち仕立てを食べてみた

雪見だいふく 黄金のみたらし 厚もち仕立てを食べてみた
スポンサード リンク




雪見だいふく 黄金のみたらし 厚もち仕立て

 

雪見だいふく黄金のみたらしが出たと知って、今日ローソンで購入してきました!冬春季限定と言われれば、ますます気になります。

コラボレーションや、季節のフレーバーって定番には勝てない気がしてあまり冒険はしないのですが、みたらし、、もち、、この組み合わせには期待できそうです。

早速食べました

雪見だいふく

1口目、2口目…餡には届かずも、もち部分が本当に厚くかなりの弾力、心なしか白い部分だけなのに、もう少しでみたらしに到達するというプラシーボ効果的な何かが発動しているのか、香ばしく感じました。

みたらしに到達すると、まさにみたらし!全体的に濃くておいしかったです。

でもプレーンのもちとバニラアイスの比率の絶妙さにはかなわないかな?なので、コンビニで税込み173円の雪見だいふく黄金のみたらしと、スーパーでプレーンタイプの雪見だいふく+みたらし団子3本入りが金額的にたいして変わらないなら、後者を取ると思います…。

パッケージの裏面にはかわいい雪見うさぎからのお手紙が載っていましたよ。

 追記 2017.02.10

「雪見だいふく 黄金のみたらし 厚もち仕立て」が売れすぎて、一時販売休止のお知らせが出ているようです。

(追記 2017.3.12)
3月7日付 ロッテのサイトに、販売再開のお知らせが出ました。食べていない人は是非。

スポンサード リンク